嗅覚反応分析とカウンセリングについて

                 〜嗅覚で心と体を読み解く〜

     【嗅覚反応分析とは】 

      (旧 サードメディスン)


『嗅覚』はストレートに本能にアプローチできる感覚で、嗅覚の反応は五感の中で唯一先入観の影響を受けにくいという特徴があります。

そして、香りへのスキ・キライの感じ方は

ココロとカラダの状態に応じて微妙に変化しています。

例えば、空腹時に美味しそうな食べ物の香りをかいだとき、その香りはとても魅力的ですぐにでも食べたい!という衝動にかられますが、

満腹の時に同じ香りをかいでも、そこまで魅力的で食べたい!という衝動にかられない。

いつもスキな香りが、今日はそんなにスキと感じない。

という経験をされたことがありませんか?


嗅覚反応分析は、

この『先入観の影響を受けにくい嗅覚の香りへの反応の特徴』を利用して、

8本の薬理作用のある香り(アロマ、精油)に対しての

嗅覚のスキ・キライの反応をグラフ化して、

今の体質や心身の状態を分析します。

嗅覚反応を利用することで、

・自分では気付きにくいココロとカラダの状態を見ることが出来る

・心身の状態をグラフ化し目で見て確認できる

・ココロとカラダの状態を読み解くだけでなく、

その状態を整えやすい、その時の自分に合ったより良い様々な選択がしやすくなる(健康法、食事法、運動法、アロマなど)

・自分に合ったものを取り入れた生活を送る中で、再度IMチェックをすることで心身がどう反応してきているかも確認できる

という、

今までにない

特許技術を利用した、新しい体質分析法・問題解決ツールです。

[特許名:生体情報生成法(特許第5536272)]

人の心身の状態は日々変化しています。

同じ健康法が自分にとって永遠に健康法になるとは限らず、逆に合わない不健康法になることもあります。

その時々でチェックできることは、

常に変化しても自分に合った選択、健康法を取り入れた生活を送ることが可能になります。



【自分に合ったより良い選択がもたらすこと】

今の自分に合った選択ができることは、本来全ての人に備わっているホメオスタシス(恒常性の維持)の機能が発揮されやすくなり、自然治癒力が発揮されやすくなることに繋がると考えられます。

様々なカラダの不調、ココロの不調は
このホメオスタシスの乱れで起きていると言われています。
自分に合った選択をすることが
この本来備わっている自分の心身の調整をする土台の働きを円滑にすることにつながり、
様々な不調を改善する助けとなることも多いのです。
健康維持や不調ケア、思考行動傾向への影響にもつながり、人間関係をもスムーズにすることがあることなど、日常の様々な場面で広く役立つツールです。

様々な情報に流されることなく自分にとってより良い選択ができるように!
まずは《日々変化する自分の今の状態を知る》
ことからスタートするのが特徴です。
やり方は簡単!
8本の香りを嗅いで、スキな順番に並べるだけ!

※IMチェック(サードメディスン・チェック)での香り(芳香分子)の活用はメディカルアロマテラピーとしてフランスやベルギーなどの欧州諸国で医師や専門医療従事者に利用されている精油をベースにしています

■こんな方に
・毎日を元気に過ごしたい
・自分に合った健康法、食事法、運動法が知りたい
・自分に合ったストレス解消法を知りたい
・不調に対してのケア方法を知りたい
・人間関係の悩みの解決法を知りたい
・自分の思考・性格を変えたい(断れない、悩みやすい、自信が持てない、嫌われたくない、一歩踏み出せないなど)
・心身のバランスを整えたい
・自分に合ったダイエット法を知りたい
・自分に合った美容法を知りたい
・自分に合ったアロマや使い方を知りたい
・妊活を効果的にしたい
・子供の不調ケアを知りたい
・子育ての色々な悩みの対処法を知りたい
・IMチェックを体験してみたい
など


■まずは体験してみたい方はこちらから↓

★嗅覚反応分析 IMチェック(旧 サードメディスン・チェック)+分析アドバイス

     5500円(税込)60分


★嗅覚反応分析 IMチェック(旧 サードメディスン・チェック)+体質バランス調整メディカルアロマブレンドオイル作り

     7700円(税込)80分


★嗅覚反応分析 IMチェック (旧 サードメディスン・チェック)自宅フォロー月会員制度

        月4回チェック+アドバイス

                17600円(税込)


※IMチェックキットを郵送orお持ち帰り

結果報告、アドバイスはメールにて行います。

※郵送の場合は、送料を別途頂戴致します。





嗅覚反応分析を自分でできるようになりたい方は
嗅覚反応分析士入門講座、基礎講座案内を
ご参照ください